HOME > 会社情報 > 当社の方針 > 「お客さま本位」の業務運営に関する方針

「お客さま本位」の業務運営に関する方針

「お客さま本位」の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する方針

千葉銀行グループは、「お客さま第一主義」という基本原則のもと、お客さまとともに共通価値を創造することで、地域のお客さまに最高の満足と感動を提供する「リテール・ベストバンク」グループを目指しています。
この一環として、資産運用関連業務におけるお客さま本位の業務運営を強化するため、「『お客さま本位』の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する方針」を策定・公表します。
この方針のもと、グループ各社(注)は、お客さま本位の取組みを実践するとともに、その取組状況を定期的に公表し、より良い業務運営の実現に向けて見直しを行います。

(注)対象となるグループ会社:千葉銀行、ちばぎん証券、ちばぎんアセットマネジメント

(グループ会社の「お客さま本位」の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する方針)

千葉銀行の「お客さま本位」の業務運営に関する方針

ちばぎん証券の「お客さま本位」の業務運営に関する方針

千葉銀行グループの方針及びちばぎんアセットマネジメントの方針は以下のとおりです。

1.お客さまの最善の利益の追求、従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

高度の専門性と高い職業倫理を持ち、お客さまの最善の利益の実現に向けて、誠実・公正に業務を行ってまいります。
お客さま本位の業務運営がグループの企業文化として定着するように取り組みます。
また、お客さま本位の業務運営を促進するため、業績評価や従業員の研修等、適切な動機づけの枠組みやガバナンス体制を整備します。

≪ちばぎんアセットマネジメントの方針≫

  • お客さまの利益を最優先に考え、分析力や運用手法の高度化に努めることにより、運用パフォーマンスの向上を図ります。
  • お客さまのニーズにあった最適な商品を開発していくため、従業員の研修や勉強会、資格取得の奨励等を通じて、高度な専門知識を有する人材を育成します。

2.利益相反の適切な管理

グループ内等で発生する利益相反の可能性がある取引を正確に把握し、お客さまの利益が損なわれることがないように適切な管理を実施します。

≪ちばぎんアセットマネジメントの方針≫

  • 利益相反によりお客さまの利益が損なわれることがないように商品組成や運用のプロセスを明確にします。
  • 議決権行使などに関する利益相反管理態勢を高度化します。
  • グループ内等で発生する利益相反の可能性がある取引をあらかじめ特定・類型化し、コンプライアンス部門によるモニタリング等を通じて、お客さまの利益が損なわれることがないように適切な管理を実施します。

3.手数料等の明確化、重要な情報の分かりやすい提供

お客さまにご負担いただく手数料やその他の費用について、その対価となるサービスの内容も含め、お客さまに十分ご理解いただけるように分かりやすく丁寧な説明を行います。
お客さまにご理解を深めていただけるように商品やサービスに関する情報提供を充実させるとともに、商品やサービスの販売・推奨等に係る重要な情報については、分かりやすく丁寧な説明を行います。

≪ちばぎんアセットマネジメントの方針≫

  • お客さまにご負担いただく手数料・その他の費用を分かりやすく明示するとともに、リスクとリターンの関係や投資戦略・方針などの専門的かつ複雑な情報についても、平易な表現を用いたり、重要な項目は強調するなどして、分かりやすく丁寧な情報提供を行います。
  • お客さまの投資知識の向上に資するセミナーの開催や、分かりやすい商品説明資料の提供、タイムリーな市場レポートの発信など販売会社向けサポートを充実させることにより、お客さまの投資判断に役立つ情報の提供を強化します。

4.お客さまにふさわしいサービスの提供

コンサルティング等を通じて、お客さまの資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを十分に把握し、お客さまにふさわしい商品・サービスの開発・提供を行います。

≪ちばぎんアセットマネジメントの方針≫

  • 自社の運用ノウハウやグループ内外のネットワークを活用しお客さまのニーズの的確な把握に努め、お客さまの資産形成にふさわしい商品の提供を行います。
  • 商品の組成にあたっては、販売対象として想定するお客さまの属性を特定するとともに、お客さまにふさわしい商品の勧誘が行われるように販売会社と連携していきます。
会社情報